成長痛を緩和させるのに骨盤矯正を併せて行うのがオススメです。

お問い合わせはこちら

ブログ

成長痛を緩和させるのに骨盤矯正を併せて行うのがオススメです。

2019/11/21

青葉台駅から徒歩9分、駐車場完備の天命堂しらとり台はりきゅう・整骨院です。

 

成長痛とは、骨が伸びるスピードに筋肉の発達が追いつかない為に、筋肉が骨を引っ張られる際に発生する痛みです。

 

小学校高学年〜中学生に多く、ヒザや向こうずねの痛みなど、下肢に発生する痛みは骨盤に原因がある場合が多いそう。

 

その場合、骨盤がゆがみ、傾くことで周辺筋肉のテンションに影響し、筋肉がかたくなることで痛みが発生するため、 湿布などの対処療法だけでは根本的な改善が望めません。

 

その為にも、全身の動きの基礎となる骨盤を整えるのが先決です!

また、中には子どもでは自覚しにくい成長期特有のトラブルもあるため、 成長痛のケアは痛むところだけを処置するのではなく、骨盤を含めて、体のバランス全体にアプローチをすることが大切です。

 

人生において、運動神経が最も発達するのは10歳くらいまでと言われています。

 

10代の時期にバランスよく体を動かして体幹を鍛えることが、運動パフォーマンスを上げる最大の秘訣です。

 

とは言え、過度にスポーツをすることで特定の部位や体の末端だけを使い過ぎると、骨の成長よりも先に筋肉が発達し過ぎてしまい、骨盤のバランスが悪くなりやすい状況になってしまいます。

 

子どもにとって大切なのは、筋力アップよりも体幹をしっかり鍛えることです。

 

骨盤を中心とした体幹がきちんと安定していると柔軟性やバランス感覚、持久力が自然と養われるため、 思うように体を動かせるようになり、結果的に運動パフォーマンスのレベルアップも見込めるのです。

 

ひとつでも、当てはまる項目があれば、要注意です!

●体がかたく、前屈しても手が床につかない

●右脚と左脚の長さが違う

●各関節がかたく、しゃがめない

●反り腰気味

●悪い姿勢で長時間座っていることが多い

●野球やテニスなど、体をねじるスポーツをしている

 

お気軽にご相談ください。

当院は全力でサポートさせて頂きます!